本文へスキップ

血糖値が気になる方へ天然のインスリン野菜100%、完全無添加・無農薬の自然食品「大子町の紅菊姫パウダー」

血糖値とは

血糖値とは

血液中に含まれるブドウ糖の濃度のことで、1dL(1デシリットル:100cc)の

血液に何mgのブドウ糖が含まれているか、という数値で表します。

血糖値は食事によって大きく変動するため、検査のタイミングによって、

以下のようにいくつかの種類があります。

・空腹時血糖値10時間以上何も食べずに(水は飲んで良い)、測った血糖値です。

血糖値がもっとも低くなるタイミングの値で、診断と治療効果の判定の両方に

用いられます。


・ブドウ糖負荷試験後の血糖値ブドウ糖負荷試験は75gのブドウ糖

(またはそれに相当する糖質)を水に溶かしたものを飲み、2時間後まで何回か採血し、

血糖値やインスリンなどの濃度を測る検査です。

2時間後の血糖値(ブドウ糖負荷後2時間値)が糖尿病の診断に用いられます。


・食後2時間血糖値食事を始めてから2時間後に測った血糖値です。

血糖コントロールの状態、とくに食後高血糖があるかどうかをみるために

用いられます。



・随時血糖値食事の時間と関係なく測定した血糖値です。

正常の場合は140mg/dLを超えることはありません。診断や血糖コントロールの

指標に用いられます。



血糖値は、「自己血糖測定器」を使って、自宅で測定することもできます。

血糖値は糖尿病のコントロールの良し悪しを知るための、もっとも大切な指標の

ひとつです。

コントロールの状態の判断のために下の表のような目安が設定されています。

血糖値が低くなりすぎる「低血糖」は、危険な症状を起こすことがあります。

低血糖にならないように、適切な治療をするためにも、血糖値を定期的に測ることが

とても大切です。


 【大子町の紅菊芋】